私、目玉焼き程度しか、料理できません。

f:id:tenman:20060625121804j:image:w360


自分の料理の技量を表現する時に、殆ど料理の出来ない自分を、レパートリーは、目玉焼きくらい。などと卑下してみせる人をたまに見かける。


実際問題、うまく目玉焼きを作れない人って多いんじゃないか?、、、と、私は思っている。

そう、目玉焼きは、結構作るのが難しい。

人には、それぞれ好みが合って、黄身が半熟なのが好きな人も、ご飯にどっと乗せた時に、黄身が流れるくらいなのが好きな人も、黄身がカチッと固まっていないといやな人もいる。

これらのニーズにこたえるのは、至難の業だ。

で、失敗しない目玉焼きの作り方を、開発した。

フライパンを熱してから、薄く油を引いて、卵を落とす。

フライパンにぴったり合う、なべのふたを用意して、ふたをする。

ふたに手を置いて、もう置いてられないって温度になったら、ガスの火を止める。

火を止めたまましばらく放置する。

しばらくして、ふた開けてみて、いまひとつ、焼き足りなければ、またふたをして、手を置いて、

あつくなるまで火をつけたら、火を止める。

放置。

まっ、だまされたつもりでやってみろ。


省エネ感、達成感 味わえると思うよ。