静的なhtmlが静かに、やってきている。

f:id:tenman:20071025084342j:image:w400

いろんなドキュメントを作っていると、ブログの、レイアウト済みテンプレートに、はめ込むように記述する文章がそぐわしくないことがある。
静的なhtmlを発行できるサービスは、google等でもやっている。

htmlテンプレートは、既に見慣れたものになっていてもう飽きてもいいようなもんだが、角丸同様廃れることはないだろう。

テンプレートの魅力は、結果が見えていて、直しを入れるという点にある。


htmlの場合は、結果が見えないところから、ソースを書いていくので、最終的に、完成形が適当だったり、途中で都合により変更になる。

時々、コーディングは、スケッチしてからコーディングをしろというのは、結局こういうことなんだと思う。

自由にカスタマイズ可能なWebサイトテンプレート・ジェネレーター - doTemplate.com - sta la staのエントリがあった。

ちょっと使ってみた。
いい感じ。

ついでに、PR。
リンクを作るなら、404 www.tenman.info
めんどくせぇページだけど、どぉ

template のソースについて

文字コード

charset=iso-8859-1になっているので、UTF-8等に、

ヘッダー部分

以下のように、直したほうがいいかもしれない。(タイトルより上を)

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>



<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"

"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<html lang="ja" xml:lang="ja" xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

<head>

<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8" />

<meta http-equiv="content-script-type" content="text/javascript" />

<meta http-equiv="content-style-type" content="text/css" />

その他

<br/>になっているところがあるかもしれないので、<br />をチェック。