東北と東京と 海の記念日

f:id:tenman:20080718102303j:image
foto:仙台新港



海の記念日は、1876年、明治天皇の東北地方巡幸の際、それまでの軍艦ではなく灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海をし、7月20日に横浜港に帰着したことに因み、1941年に逓信大臣村田省蔵の提唱により制定された。


かくて、東北ご巡幸はようやく終って、天皇は明治丸ご乗船、函館に寄られて海路東京へお帰りになった。このご巡幸は明治政府の東北に対する関心を深めたものだが、逆にいえば、明治政府は最初大阪を首府とすることに、ほとんど決定していたのを、にわかに東京へ遷都した。それは必然的に東北への政治的重心を強めたので、例えば東京が第一師団で、仙台を第二師団とし、高等学校も仙台を第二高等学校にしている。殊に産業方面に非常な努力をされたことは注目すべきである。