ラーメン

インターネットの四季。

ディスプレイとキーボードに、四季などあるわけがないと思うでしょ。


でも、アクセスの仕方が、夏休みなんだな。とか、七夕が近づいてきたなぁ

とかいうことが、場末のサイトでも感じれることがあるんだよ。



パソコンがすごいんじゃないよ。

そういうところにでも、「ポっ」と なんかを感じることが出来る人間がすごい。



たいていの人は、自然に逆らうことを生業としている。


例えば、ステンレスみたいに、さびない鉄を作るとかって、

錆びる という自然の流れに、逆らっているわけで、


人の作ったものは自然の仕組みと比べると、なんかつまらなく見えることがある。

(自然はすごい仕組みを持っているけど、例えば、弱者になんか優しくないから、特に臆病者の私は、やっぱり、そこには身をゆだねられれないんだけどね。)


いくらグーグルがインデックス作ったって、1兆越したからって、

それは、結局 ごみ屋敷みたいなもんで、整理されることもなく 有象無象がフキダマっているだけで、そういったテキストファイルみたいなものと、人間の普段やっていること

例えば、「会話」では、同じコミュニケーションでも、レベルが違いすぎる。

声は、その意味を伝え終わると、消えてなくなる。

しかし、発したもの、聞いたものが、覚えておくべきだと思うと、それぞれにキャッシュされる。

環境や、いろいろな情報を合わせて、キャッシュする。




何十年ぶりで、再びであったとき、見つめ合っただけで、よみがえる。


で、そんなことが、そのうち、実現していくのかな



ラーメン見ただけで、懐かしい。って感情が湧いて来るんだから