frog CMS テンプレート適用メモ

my Frog CMS memoって作ってみました。

よろしく

Frog CMS - Content Management Simplified | Frog CMS

frog-0.9.3 が出た。
今回から、ライセンスが変わった。license change to AGPLv3(これどういうんだろ)
日本語版がついているので、そのまま日本語で使えるよ。

ところで、0.9.2でフランス語しか対応してなかったのに、
chenge.logに日本語追加したって一行忘れてないか???
これが、frogらしいところなのかも、、、



母性本能をちょっと出すと、いいやつに育ちそうなCMSにfrogがある。
この、CMSのかわいらしさは、インストール画面からはじまる。
ちょっとだけ紹介する。
インストール画面で、F5を押すと、フォーム画面が、ウィンクする。

DB SQLite までのパスをフォームに入力するのに、40文字で制限される。
これじゃ、/virtual…から入力する。日本国の個人ユーザでは、path打ち切れません。

ここだけ「よしよし。」ってしてあげれば、とてもいいやつに育ち始める。



そんな「いいもの持っている」やつは、ちょっと手を貸さないと、世間から誤解されたままの人間でいなくちゃいけない。


0.9.2にテンプレートを適用してみたが、一発でうまくはいかなかった。


このようなことは良くあるので、神経質にはならない。
Unbound(未製本?)を追加してみた。

とてもいいCMSなんだけど、開発の手はテンプレートにまで回らないようで、

手作業、今では新鮮でもあり、


Normal_unbound.html

エラーが発生する部分:

<?php //if ($this->comment_status != Comment::NONE){$this->includeSnippet('comment-each'); }?>
<?php //if ($this->comment_status == Comment::OPEN){$this->includeSnippet('comment-form'); }?>

一応動作したスクリプト:frog0.9.2

  <?php if ($this->comment_status != 'none') { $this->includeSnippet('comment-each'); } ?>
  <?php if ($this->comment_status == 'open') { $this->includeSnippet('comment-form'); } ?>