筆跡

foto:パピルス - Wikipedia



今日はがきを一枚書いた。

自分で文字を書いて、投函する。
何かとても、恥ずかしくて、ポストの前で、「やっぱ止めるか?」と一瞬躊躇する。

ポストに投函した瞬間、自分をほめた。「それでいいんだ」

ラブレターでもないのに、、、


htmlは筆跡をもてない。



WEBには、筆文字の文化などありえない。   小さく、つまんない。


もっとも、ワードプロセッサを使う、理由のひとつに、
文章がもっともらしく見える。というのがある。

これは、20世紀末、パソコンに関心を抱く、大人の、現実的な理由のひとつだった。

筆跡を感じないので、自信を持って書いていても、コピペでも、あくびしながら書いていても、その痕跡を書面から、うかがうことが出来ないわけだから、「心のない文章を書くには、最適のツール。」と評判が立ったのかもしれない。



ところが、21世紀初頭を向かえ、われわれは気づいた。

「ナンバーワンより、オンリーワン。」

負け犬グループ、優等生グループ、苦労人グループ、キリギリス班、それぞれの世界の1蕃もいいけど、

たった一人の、俺という存在。

(一人ぼっち、とは、21世紀ではいわないんだ。)

というわけで、フォントに関するメモをする。

グリフ

メインページ - GlyphWiki

使い方:
404 Not Found

http://d.hatena.ne.jp/video/niconico/sm4065362

作ったフォント画像へのアクセス:
http://glyphwiki.org/glyph/u4e00.png 200ドットのPNG形式
http://glyphwiki.org/glyph/u4e00.svg SVG形式
http://glyphwiki.org/glyph/u4e00.eps EPS形式
http://glyphwiki.org/glyph/u4e00.50px.png 50ドットのサムネイル。PNG形式
http://glyphwiki.org/glyph/u4e00.100px.png 100ドットのサムネイル。PNG形式

これらのURLに対して直接リンクを張ってもかまいません。

htmlドキュメントへのもっとも安直な、埋め込み
ie7 crome firefox3

<embed width="300" height="300" src="test.svg" name="SVG" />

Â‹ó•¶ŒÉ‚ÆŠOŽš
JIS X 0208ŠOŽš –ÚŽŸ