人と情報

f:id:tenman:20090114092724j:image
foto




入院ベッドの脇には、テレビが置いてある。
不幸にして、後遺症で、寝たきりになっている人の近くにも大抵テレビが置いてある。

私は、夜が開けきらない冬の朝に、夢見心地で考えていました。(いわゆる二度寝)


世代が変われば、テレビはパソコンに置き換わるだろう


私自身がそのような環境の中に置かれてしまったら、インターネットに接続したパソコンがほしいと思うし、
毛布の下で、ちょっと工夫をすれば、キーボードの操作も出来るだろう



もし、言葉がしゃべれなくても、筆談用のボードがなくても、コミュニケーションも可能だろうし、
あるいは、グーグルマップで友人の家の玄関先を見ながら、チャットをはじめるかもしれない




ロボットが遠隔操作可能なら、私は、ディスプレイから、バラの選定のアルバイトだって出来るだろうと考えた。
アイディアは、湯水の様に湧いてくる




しばらくして、ふとわれに返る。



うまく使えば、便利にはなるだろうな、でも、病気を忘れるほど、便利になったら、いいことはない





自販機のコーヒーも好きだが  スイッチを押さないと、始まらないなんて