膳の湯

f:id:tenman:20090210092735p:image
wikipedia:飯

飯碗に湯を注いで、その中を、箸先の漬物で碗を洗う。

そのお湯を飲む。


最近では、ほとんど見なくなった光景です。

この事を、古い記憶では、「膳の湯」といっていたかすかな記憶があります。

もちろん、Googleで検索したところで、せいぜい、「薬膳の湯」ぐらいの中に埋もれた言葉です。



ただ、慣れてくると、湯を飲み終えた後の、飯碗がぴかぴかで、「体にいい事した。」漠然といい気分になります。




今朝の朝飯では、「地球に優しいってこういうことかも、」と、思いました。





外では、眉をひそめられそうで、飯碗で湯を飲む勇気はありませんが、、、