wordPressのフォーラムで


f:id:tenman:20090303102450p:image


私は、たまに解らないことがあると、○○フォーラム等で質問したりすることがあります。

ひとつの質問に答えてもらったときには、返礼として、その掲示板の何かの質問に答えるということをできるだけ実践しています。

wordPressで質問をして、その返礼のつもりで、質問の返信をしようとしたのですが、

長々書いた割に、

ボタン押せず、ここにコピペ




特別、偏った使い道ではないと思います。


>一覧のページを作成するのは難しいのでしょうか?


難しいかどうかは、本人のスキルに依存します。
私は、ワードプレスの開発者は、極力簡単にすることを念頭においていると感じます。
学び始めれば、あなたも賛同してくれるんじゃないかなと思います。


難しいことは、その一覧がユーザに重宝され、ユーザの興味を維持することができるかという点だと思います。


そのためには、htmlもcssも、php等から見ると、エラーも出さないような言語が、とても奥が深く難しさを感じることが少なくないと思います。


 結局のところ、「どんなゴールを自分自身が描くのか」というところとの勝負だと思います。


そのためには、WP関数、アクセス解析PHP、サーバ、きりがないほど学ぶべきことはあります。
指摘する人は少ないかもしれませんが、自分でエントリをたくさん書くこともよい方法だと思っています


たくさん書けば書くほど、こんなときにはどうすればいいんだとか、思い通りにいかない事も出てきます。
また、どんな書き方が必要なのかということも解ってきます。


テーマファイルを作成するのも、お勧めです。
スタイルを学ぶなら、スタイルシートだけで、Template: basic 等として練習することもできますし、index.phpだけで構成して、htmlの練習をする方法もありかもしれません。



>このようなサイトを構築するのにWordPressでの良い構築のやり方



オープンソースの特徴のひとつは、誰でも自由に利用したり、改変したりできることだと思います。

wordPressは、もうすでによい構築のやり方そのものですが、WPは、ひとつのオープンソースだけで成り立つものではありません。


オープンソースは、複数のオープンソースから成立し、それらを複数組み合わせて、ひとつのサイトを構成する特殊な環境です。




 よい構築方法があるとすれば、「それらを、常に最新の状態に保つことが可能なシステム」だと思います



ただ、テーマファイルや、プラグインでさえ、動作しなくなったりする経験は、誰でも持ってます。 

例えば、ワードプレスの、プラグインやアップデートの自動インストール機能は、ある人には、最高で、ある人には、最低の機能のようです。
 現状では、様々な意見を持つ人に、「サイトのゴール」を明示して、協力者になってもらえるようなある種の運動のようなものとしてサイトの機能を考えるのもいいかもしれないですね