プラネタリウム

f:id:tenman:20091109100320j:image
wikipedia:仙台市天文台


サイカチ沼の紅葉を見に行ったついでに、まだ一度もいってなかった仙台市天文台に足を伸ばす。


立派なプラネタリウムだった。



今の季節、西の夜空に、天の川が流れていて、その川を挟んで、七夕の織姫と彦星が見えるらしい。


今年、悲願のJ1昇格を果たしたベガルタ仙台は、七夕伝説の、ベガと、アルタイルから生まれた造語だと、解説者が説明してくれていた




f:id:tenman:20091109100321j:image:w240

夜空を見上げるなどということを忘れて久しい。

プラネタリウムの人工の星は、いつか見た満天の星を思い出させてくれた。

「45分ほどの時間@入場料600円也」だったけれど、いつの間にか寝入ってしまう



こういうの、星空に抱かれた気分というのだろうか