WordPress 3.0 rc1


f:id:tenman:20100531095912j:image:w100:left
WordPress › WordPress 3.0 Release Candidate
いよいよ、ワードプレスが大きく変化しそうです。
wordPressをご利用中の皆様、今回デフォルトテーマが変更されます。





body要素のclass属性の書き出しが、自動化されていますから、


スタイルの指定を行う場合や、カスタマイズされたテーマを利用する場合は、それらのクラスと重複しないようにカスタマイズをする必要がありそうです。

テンプレートタグ/body class - WordPress Codex 日本語版


環境変数の値に対応したクラス名を割り当てて、従来のスクリプトによる制御を、CSSに移し、ユーザエージェント毎ことも少しのカスタマイズで出来ます、(参考url)投稿者別に、視覚設定を変えることは、すぐにでも出来るでしょう。


ただ、CSSは、エラーを無視します。
そのスタイルが、正常に適用されているのか、エラーを発生させているのかを、判定するすべがありません。

このような観点からみると、記述方法は、高度になっていくと思います。


ワードプレスは、高度に進化しています、私は、その変化に気づかないことも少なくありません。

表示などの影響は、基本的なことなので、うまく適用されているかチェックを 忘れないで行いましょう



WordPressの提供してくれる便利な機能はとても魅力的です。
しかし、もう一方で気になる 声が ないわけでもありません

以下のブログに、テーマファイルに付属したワームのエントリがありました。

WebTecNote - [wp] Wordpressテーマのfunctions.phpに仕込まれるワームについて

使うのもフリー、使い方もフリー、もちろんお金もフリーですが、

自分の労力や、時間や、他に及ぼす影響からもフリーではありません