WordPress テーマ 審査通過




  • ワードプレスの公式テーマを作りたいと考えてから半年間もかかって、けさ、やっとApprovedがでた



    長かったと思い数えてみたgithubは、60個のバージョンタグがあった


    実際にワードプレスにアップロードしたのは、このうち40個ほどでした


    8人ほどのレビュアーが、その時々のダメだしをしてくれました



    レギュレーションは概略一月に一回ぐらいは変更になっているので、それぞれの最新版での評価が行われます。

    例えば、テーマで使うデータの保存テーブルのフィールドは、始めたころには、好きなように使えたものが、いつからか、1フィールドしか使えないよ とかに変わる



    理屈なんかこねたって、何の意味もない 



    レビュアーも、大量の時間を使っている



    時々、レビュアーによって、審査のハードルが異なる みたいな発言を目にしたような気がする



    私は、2点のテーマを審査に出していたので、そのような事が発生する事はあるだろうと思う
    ただ、それは、たいした問題ではないと思っている


    オープンソースプロジェクトでは、レビュアーもテーマ提出者も同じ貢献者でしかないから、自動車学校の先生と生徒という関係とは異なる



    また、ハンドルの回し方や、操作手順などの基本が出来ているかを評価しているのではなく、常に最新のレギュレーションに対してどうなのかを判断しているので、毎回違う試験を行っている事になるためでもある



    私的には、言語の壁は大きかった


    言葉を理解したり、意見を言う事が困難なために、たくさんのアイディアをあきらめざるを得なかったのが残念な点



    で、今回は、何で乗り切ったかというと、「英語は、わかんないけど、HTMLやPHPのコードならわかるよ」という一点
    (レビュアーのIF文形式のダメだしは、わかりやすかった)



    外国のテーマを日本語環境で使うと、とてもダサく感じるのと感じるのと同様に、私が作った「良品」は、かなり異質なものとしてレビュアーの目に映っていただろうという事は、言語というより皮膚感覚で解った


    今朝がた Approvedなったという 記念日メモ