こんなにソースが長くなっちゃって

ブログは、2行か3行で終わる。
今日は何を食べたとかという日記みたいなものでも、トップページは、1000行ぐらいになるのはざらだろう。

スタイルだって、2-300行なら短いほうだ。

しかし、なぜこんなに長い。

エンベッドスタイル指定に、250行。RDFに 100行。GoogleAddその他で、100行。javascriptが100行。
メタタグその他で30行。

ウェブ標準の時代ですから、見出しタグには、フラグメント識別子をつけて、イメージには、alt属性をつけて、
パンくずリストに、その他大勢のことをいろいろやり倒さなければならない。

整形式性

今、私のhtmlは、太りすぎの子豚になっちゃってる。

だから、そろそろ、今までのやり方を見直さなければならなくなってきている。

ページトップに戻る矢印は、もう、DOMで書いてしまうとか、スライディングドアのような、装飾用のタグを書かないと見栄えないものとかも、htmlのソースに記述しておかなければならないようなものではないだろう。

使わないトラックバックや、つかないコメントのための、コメントエリア。

でも、整理が必要だって話は、あんまり見ないな。

500行も600行もあるような、長い外部スタイルに慣れきって、面倒だからと、インラインで追加するスタイル。

そのようなものに慣れては、いけない。、、、、と、よぎった。