ワードプレスの覚書

add_shortcode

ショートコードは、コードスニペットの事で、ショートコードを利用すると、編集画面から、関数を実行する事が出来る機能です。

関数の返り値を表示できるので、覚えておくと便利そう

ショートコードは、プラグインと違って、ワードプレス本体側の機能というより、テーマ側の機能で例えば、ブログのトップページには表示したくないけど個別ページには、表示したいとかといった事をコントロールしたり出来る。

作り方は、簡単

/*----------------------------------------+ 
 *[now format="Ymd"]
 * 現在時刻を表示
 *----------------------------------------*/
function now($atts, $content='') {

 //extractは引数デフォルト値をセットしておけばいい。
  extract(shortcode_atts(array(
    'format' => 'Ymd'), $atts));
	
	return date($format);
}
//[now] と入力すると date("Ymd");が返る。[now format="nj"]ならそれなりに、引数は、使うだけ書いておく。

add_shortcode('now', 'now');

/*----------------------------------------+ 
 * [howold]19821113[/howold]
 * 年齢計算
 *----------------------------------------*/
function tosi($atts, $content='') {
	
        ※return floor((date("Ymd") - $content)/10000);
}
add_shortcode('howold', 'tosi');

return round((date("Ymd") - $content)/10000);
四捨五入してたら、あたしゃ、そんな年じゃないと否定された。訂正しておきます。

木村拓也の誕生日を入力すると
[howold]19821113[/howold]
と記述すると
35と、キムタクの年齢が帰ってくる
こんなに簡単にオリジナルのタグを作れる。