wordPressをSSLで表示する




ワードプレスをはじめインストール型のブログは、自分で機能を拡張したり、自分らしいデザインを作ったり、スキルに応じた楽しみ方がある。


レンタルサーバも、安く借りられる。


共有SSLも付いていたりするので、SSL化したいという希望を持つ人もいるかもしれない


ただ、ワードプレスを、共有SSLで動かしている事例は、少ないようで検索してみても、そんなの無理といった考え方が大勢な模様


共有SSL独特の仕組みが、通常のhttpsでのアクセスとは異なっている。



共有SSLは、is_ssl()等といった関数は、sslかどうかを、判定できない
だから、手間がかかるので、手をつけたがらないのだろうか、


手軽であれば、仲間内で使うものなどは、費用をかけずに、少しは安心なものとして役立つかもしれない
という事で、SSLでも表示できるブログを試行することにしました。



blog:www.tenman.info | 共有SSLで表示 httpで表示の切り替えリンクを追加 on coreserver

フッタに、httpsとhttpを切り替えるリンクが付いています







httpsでアクセスしたときの、coreserverは、そのときそのときで、remote addrが変更される模様 昨日は、ns1.coreserver.jp,今日は、dt2.xrea.com



外部APIやリンク先URLのプロトコルをどうするかというのもある。
実際に動かしてみると、いろいろとぶつかりだす

9/26

そういえば、twitterhttpsでつながってて、リンクは、httpだよなぁ、choromeではどくろマークも出ていたし、と思っていたら、新しいデザインでは、httpでつながってる。

IEで開いてみると、やっぱりという状態で、何でもかんでもという訳にはいかなそう