鳴子へ


f:id:tenman:20101112101846j:image:w640



naruko


naruko


f:id:tenman:20101113102505j:image:w280



仙台から、北北西に80キロぐらい進むと鳴子温泉があります。

秋になると、たくさんの人が紅葉狩りに訪れます。



定番は、鳴子峡を散策ですが、鳴子のダムも結構紅葉が美しい


国道沿いの、国土交通省の立派な電光掲示板に、ダム放流中の注意を見つけ

放流中のダムを見たこともなく 妻とダムに向かった



観光というよりは、運動不足を解消するための、リハビリに近いといえないこともない


ただ、私たちの ささやかな楽しみになっている



枯野を眺めて楽しむ風流人になったつもりはない が、足を運べば、それなりに楽しむことができる



仙台を出て大崎市を経由して鳴子に至る途中には

あまり知られていない、もう一つの伊達政宗像や、仙台藩の学問所「有備館」がある



芭蕉も通ったこの街道は、現在でも秋田山形への主要交通路として健在





蚤虱(のみしらみ)馬の尿(しと)する枕もと

芭蕉