読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語ワードプレススタイルシートの書き方

あまり知られていない  アップデートしても、上書きされないスタイルシートの書き方

WordPressは、オープンソースのブログプログラムで、多くのレンタルサーバで、使えます



アップデートは、管理パネルからのクリックで、テーマもプラグインも自動的にアップデートできます

しかし、この大変便利な機能と裏腹に、カスタマイズしたスタイルシートが、アップデートすると上書きされてしまうという問題があります。




この問題を解決するには、チャイルドテーマという、元テーマのスタイルやレイアウト、設定などを、継承して、オリジナル部分だけを書き足していく使い方が、推奨されています。





しかし、もっと簡単に、上書きされないスタイルシートを書く方法が準備されています。

私も、つい最近知ったので、スタイルのローカライズを見直していこうと思っている





さて、その方法は、

日本語環境であれば、ja.cssをstyle.cssと同じ階層に置けばいいという事です。




正確には WPLANG定数の値にcssという拡張子をつけたファイルを作るわけで、あとはワードプレスが、style.cssの後にja.cssを読み込んでくれます。






アップデートしたって、ja.cssは上書きされることはありません。